2017年5月26日金曜日

我がミニ田んぼ合唱終了

2014年から、畑でオタマジャクシの飼育を始めました。最初の年は発泡スチロールの箱でしたが、15と16年は120×180㎝位の水溜りを作り、

300~500匹のアマガエルを分散させました。

今年は多くのアマガエルが繁殖に戻って来て合唱してくれると、とても楽しみにしていましたが、数匹しか来ず、合唱してくれたのは7日間だけ、21日からは1匹も来なくなりました。
 静かなミニ田んぼとなってしまいました。


5月3日から集まったアマガエルを、毎日19、20、21時と観察しました。場所は狭いので見落としや数え間違いはないと自信あります。
ミニ田んぼに夜アマガエルがいたのは、5月3~20日までで、鳴き声が聞こえたのは10日間、そのうち合唱らしく鳴いたのは、7日間だけでした。
2匹だと鳴く熱意がなく休んでいる事が多いので、6日と18日は田んぼから2匹連れて来ましたが、その時は元気良く鳴いていました。数が多くなるとやる気が出るようです。

我がミニ田んぼに集まったアマガエルの数を表にしました。 ↓


○背中の模様で個体識別できるカエルは名前を付けました。緑で個体識別できないカエルは不明としました。
○一番多く来たのは、カップルになれたオス(パパ)でした。プールでの観察でも成功したオスは、その後も来る傾向にありました。
○初め頃に来た名前の付けられたオスは、このミニ田んぼでは希望が持てないと、場所を換えてしまったのだと思います。

 まだ本当の田んぼでは盛んに鳴いているのに、私のミニ田んぼには来てくれません。残念です。

0 件のコメント:

コメントを投稿