2017年4月23日日曜日

トビとカラス

昨日、町民の森の水溜りで見たアカガエルの卵が孵化したか、ヒキガエルは産卵したか見に行きました。 (14日のブログ「カエルの卵」に画像あります。)

その場に近づくと、水溜りから数羽のハシブトカラスが飛び立ち、続いて数羽のトビが飛び立ちました。 トビは飛び立った後も上空を旋回していました。↓
 この水溜りは湧水が流れ込んでいて、いつもは澄んでいますが、今日は鳥が入っていたらしく濁っていました。
ヒキガエルの卵が沢山産卵してあり、先日見たアカガエルの卵は分りませんでした。
 周囲には新鮮で無残なヒキガエルの姿が・・・・。 まだ体が確認できるのも3匹ありました。
 ヒキガエルの親はもう来ないので被害に遭う事はないと思いますが、 オタマジャクシになり大きくなったら、カラスに食べられます。
カラスに見つかったのは脅威です。

2 件のコメント:

  1. お転婆様

    レスが遅くなってしまいましたが、ネット上で穴に潜んで鳴いていたシュレーゲルアオガエルがカラスに襲われたというのを見た事がありました。

    カラスが鳩を襲っているのも見た事があります。

    明かりに来たカブトムシやノコギリクワガタも明け方にカラスに襲われてしまうようです。

    カラスは小さな生き物にとって脅威です。

    カラスは飛行中の鳶にも絡んでいるのを見た事あります。

    返信削除
    返信
    1. スクワイヤー様

      穴に潜んでいたのにカラスに襲われたとは、・・。
      鳴き声で見つかってしまったのでしょうか。シュレーゲルか分りませんが、コロコロコロと良い声の鳴き声は昼間も良く聞かれます。カラスは夜は行動しませんから昼間に鳴くのは危険ですね。
      カブトムシにクワガタもですか。カラスは朝は早いですよね。私もカラスが鳶を追っているのは良く見ます。

      私の近くの田んぼは、昨年はカラスのために5月産卵のアマガエルはほぼ全滅でした。今合唱して産卵されたオタマジャクシも危険です。

      カラスは来て欲しくないです。

      削除