2017年7月6日木曜日

今年は小さい

先日今年生まれのアマガエルを田んぼに見に行きましたが、見たアマガエルは例年より小さく感じました。
7月3日のコメントで千葉県のNさんより、「今年生まれのアマガエルは①遅い②小さい③少ない」との情報をいただいています。

昨日デッキのコンテナにチビガエルがいましたが、とても小さい痩せガエルでした。 

 この様に小さくて痩せたアマガエルがデッキに来たのは初めてです。
野生でこの様に小さいアマガエルが良くここまで来られたと思います。
コンテナの縁の大きさから推測すると1.5㎝以下位です。
 そして畑の土手でもとても小さなアマガエルを見ました。
間違いなく今年のアマガエルは小さいです。そのような傾向が千葉県でも見られるなら、全国的な事なのでしょうか。
我がミニ田んぼのオタマも小さくて変態がとても遅れています。餌は昨年と同じで密度は昨年より低いので小さい原因は気温が低いからと考えています。気温が低ければ変態に時間がかかるだけで健康には問題ないと思っていましたが、やはり影響はあり小さくなっているのではないでしょうか。

もう一匹デッキのコニファーにいましたが、この仔は例年来るチビカエルのサイズでしたから、全てのアマガエルがこんなにも小さいと言う事ではありません。変態の時期で大きさはかなり違ってくるので判断は難しいです。
 
 小さいと野生では危険はかなり高くなります。なんとか無事に育って欲しいです。

2 件のコメント:

  1. お転婆さま

    私の拙いコメント内容に触れて頂き、光栄です

    まさにこちらのチビケロも1.5cmあるかないかくらいです
    そしてみなとても痩せています
    うちの庭に連れてきた翌日に見たらお腹がポンポコリンになっていたので一安心しました
    庭にはエサとなる小さな昆虫が豊富にいると思います
    そしてカラスやサギやヘビは来ないので天敵も少ないと思います

    一年経ったケロたちもよく鳴き、元気に暮らしています(相変わらず繁殖はしませんが^^;)
    オトナのケロがそばにいれば、知らないところに連れて来られたチビケロも少しは安心するでしょうか
    なんとか強く逞しく育ってほしいです

    返信削除
    返信
    1. にわ様

      許可もいただかないで載せて申し訳ありません。
      とても興味ある話題でしたので書かせていただきました。

      1.5㎝はとても小さいですよね。変態直後でも大きい仔は2.2㎝位あります。当然横幅も大きいですから1.5㎝の仔と比べると同じアマガエルかと疑うほど差があります。

      庭に保護したチビちゃん、翌日ポンポコリンになり良かったですね。
      カラスやサギ、ヘビも来ないで小さな虫が沢山いるなんて、カエルの楽園です。

      そして一年経ったケロちゃんも元気にいるなんて、なんと素晴らしく羨ましいです。
      大人のケロちゃんがいれば安心すると思います。
      成長が楽しみですね。

      削除