2017年7月23日日曜日

ナツほぼ野生に戻る

ナツがいたロフトが32℃と暑くなったので外に出す事にし、昼間デッキにいる時間を徐々に長くして慣れさせ、夜はロフトにいれ虫は与えていました。 
18日は昼間は一日中デッキで過ごさせました。↓

 
 夕方迎えに行くと、私に驚いてデッキ下の花壇に逃げてしまいました。探して捕まえる事は可能でしたがそのまま様子を見ると、20日の朝にはデッキのコニファーに戻っていました。↓
 
この日は暑くなり午後はコニファーの中も33℃になりました。お腹は少しシワになっていたので可哀そうになり部屋に入れると直ぐにお風呂です。↓
 
 不思議です。部屋に入れると目はパッチリ開けて起きています。↓
夜は外に出して自分で虫を捕り、朝は帰って来ます。↓
お腹が膨らんでいますので自分で虫は食べられているのでしょう。2日間虫は与えていません。
もう野生で生きて行けるでしょう。 

4 件のコメント:

  1. あまがえる大好き2017年7月24日 14:22

    お転婆様

    ナツちゃんも、飼育しているお転婆様も素晴らしいです。
    自分で虫を捕って帰ってくる、そんな生活をずっと続けてくれるとうれしいですね。
    近くで沢山の虫が捕れれば、ナツちゃんもハッピー、読んでいる私達もハッピーなのですが、自宅や畑の廻りが虫だらけでは、住んでいる方にとってはつらいものがありますよね。

    私の虫取りは、以前に比べたら、だいぶ上達しました。2分、網を振ってもダメな所は、虫はいないと早く見切りをつけ、場所を変えることを続けていたら、どんな草が、どのように生えている所なら捕れるのかが、だいぶわかってきました。以前、どうしても捕れずに困っていた時、やっと捕れたという所には、すでにツチガエル様が先客として居座っていることを何度も経験しました。私は自転車で虫探しをしていたのに、彼らは小さな体で、きちんと虫のいる所にたどり着ける、すごいもんだと尊敬の念をいだきました。

    公共の場で虫捕りをしている私は、草刈りされていない所を探し回る季節となりました。先日、草刈り機を見て、大慌てでハグロハバチの幼虫を確保してきましたが、イモムシ系の世話はめちゃくちゃ大変ですね。大量の糞の始末だけでも大変なのに、生まれた株とは違う葉っぱだと、食べたり食べなかったりがあり、あちこちのギシギシやスイバの葉っぱを並べて「どれなら食べるの?」とお伺いを立てねばならず、その日のエサは、その日に捕るのが一番ラクだという結論になりました。
    ローチの飼育、お疲れさまです。バッタを2、3日ストックするだけでも糞が始末はめんどうだなぁと思っていた私なので、累代飼育をしているグリ様や、しようとしているお転婆様、すごい!のひと言です。

    返信削除
    返信
    1. あまがえる大好き様

      ナツを野生に戻すかは悩みましたが、野生で過ごせるならその方が良いと判断しました。餌が食べられなくて空腹になれば帰って来れば良いし、野生で伸び伸びと過ごせればそれで良いと思います。ナツは良く馴れましたが私の側にいたいと言う性格ではありませんでした。

      今年は庭にアマガエルが来てくれません。もう少し虫がいてくれたらカエルも来てくれると思いますが、虫が沢山いるのも困りますね。

      >どんな草が、どのように生えている所なら捕れるのかが、だいぶわかってきました。
      凄いですね。私はあまり考えずに捕っていますので、なかなか学習できません。ツチガエルの方が上です。(笑)
      確かに虫がいると思うとアマガエルがいますね。

      自転車で行くほど遠くまで行くのですか。私は家の前の畑とその周りだけですから、ダメです。
      草刈をされるとガッカリしますね。
      イモムシはいた葉と一緒に捕ってくるのですが、脱走しようと葉から離れ死んでしまいます。コオロギもストックしようと沢山捕って来ると直ぐに大きくなり食べられなくなります。オンブバッタは逆で痩せてしまい、蜘蛛は共食いするし、糞の始末が大変です。

      餌は毎日捕るのが良いのですが、雨の日や用事がある日も多く大変です。ローチも飼育に失敗するし、サシは手に入らないし、イエコは脱走が心配で気を遣うし、ナツが自分で探して食べてくれるようになり楽になりました。

      飼育は本当に可愛いのでしたいのですが、留守をしたい日もあり正直大変です。
      私は、デッキで暮らすアマガエルとお付き合いするのが一番向いている様に思います。
      細かい観察はできなくなります。またシズカちゃん、ゲンキくんの様子を教えて下さい。

      削除
  2. お転婆樣
    大変ご無沙汰しています。
    毎回毎回、拝見しています。
    アリちゃんに続き、ナツちゃんもまた・・
    ナツちゃんは、6月に続き・・・

    お転婆樣は、ほんまにカエル達の事を考えてはりますね。
    優しくて強い!尊敬します!!
    2匹だけでなく、お転婆樣に関わる子らは皆幸せ者ですね。
    ナツちゃん、半野生生活が送れたら良いですね!
    強く・長く・逞ましく!
    これからも、楽しみに拝見させて頂きますーー

    返信削除
    返信
    1. ライダーマンスィンゴ様

      お久しぶりです。
      ブログ見て下さりありがとうございます。

      >ほんまにカエル達の事を考えてはりますね。
      そのように仰って下さると、恥ずかしい思いです。
      一度飼育すれば野生で生きて行く能力は弱くなる可能性はあります。野生に戻したアマガエルが他のアマガエルと同様に寿命をまっとうできれば戻しても良しですが、もし生きて行けなかった場合は、飼育放棄し死なせた事になります。これは結果を見ないと分りませんので結論は出ません。
      アマガエルの命を一番に考えるなら最後まで飼育するべきと思います。
      ナツが自由に他のアマガエルと同じように生きて行かれる事を祈ります。

      今年はデッキにいるアマガエルが1~2匹だけです。この仔たちもまだ棲み付いてくれるか分りません。ブログを書く事も困難な状態となりました。
      更新は少なくなりますが、もう暫らく続けますのでよろしくお願いします。

      削除