2017年1月29日日曜日

居場所は温度で決めない

飼育ケースは暖房のために、炬燵(弱)の横に置いています。
炬燵と飼育ケースの間は厚い布で仕切り、直接温風がケース内に入らないようにしています。
ケース内には温度計を4ヶ設置し調節、一日の最高と最低も分る様にしています。

ケース内の温度は、
6時~23時 22~25℃ (陽が当たると一時27℃)
23時~6時 22~23℃位から徐々に下がり5時は17℃位、温度差もつけるようにしています。

昼間は室内も暖房して20℃位ですが、ケース内の温度は炬燵からの暖かい空気の移動により、差があります。
アマガエルは暖かい場所を選ぶのでしょうか。

アリとナツは昼も夜もほとんどケースの床から三分の二の場所にいます。
アリはケースの中ほどにあるカエルハウスの近くで過ごす事が多いです。↓
ナツは床から三分の二の高さのパイプでほとんど過ごします。 ↓
アリとナツの居場所は、比較的暖かい所にいる事もありますが、一番寒いと思われる場所にもいます。一番暖かい炬燵の側にいたのを見た事はありません。
    ↓ ピンクの部分が暖かいと考えられる所です。
 アリとナツは、暖かい所を選ぶ事はしません。
 ケース内は17℃以上あるので、それ以上暖かい場所に行く必要がないから、とも考えられますが、アマガエルは暖かい場所を選んで行く事はないように思います。

しかし、野生で晩秋に数度以下になると、カエルハウスの中に入っているので、寒風に当たるのは避けるようです。

2 件のコメント:

  1. お転婆様

    随分前になりますが、出張で泊まる宿の風呂に12月頃になると何匹もアマガエルが入って来る事を書き込みさせていただいた事がありますが(この時は温度変化を嫌っているのではないかという話になったと記憶しています。)必要な時は動くのではないかと思います。

    アリナツさん達は活動温度の範囲内だから別段移動する必要が無いと思っているんじゃないでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. スクワイヤー様

      はい。この頃から温度に対する行動に興味を持っていましたので、良く覚えています。
      晩秋の10℃以下の時は、明らかに温度変化を避けています。と言うのはこの頃はカエルハウスのお風呂に入りっぱなしで、日中陽が当っても全く出て来ません。私の見るほとんどのカエルがそうなので間違いないと思っています。

      このカエルハウスのお風呂に入っているカエルを外の陽に当てれば、また元に戻ると思います。
      と言う事は、必要な時には動く事になりますね。

      ケースを炬燵の側におく事にした時に、アリとナツが炬燵の側に行き、暑すぎると困ると心配しました。
      ところが、全く近づこうとしないので意外で不思議に感じたのです。
      しかし、ケース内の寒い所でも17℃以上はありますから、完全な活動範囲です。わざわざ移動する事もないのかも知れませんね。

      この温度と行動はもう少し検討して見ます。
      またご意見をいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

      削除