2016年12月18日日曜日

おねだり

アリとナツは、虫を食べに隔日に来ていましたが、数日前から毎日もらいに来るようになりました。
食欲が出ると安心する一方でメタボの悩みが始まります。
特にアリは太ってきましたので、虫を小さ目にして数は増やしているのですが、それでは満足できないようです。 食べ終わってもまだ欲しいと、私をガン見します。

それでも無視していると、簡易ベットにいた私の腕に乗って来ましたが、暫らくしてベッドの足に移動して私の様子を窺っています。 

         ベットの私から見ると ↓

私が動くと、乗り出して私を見ます。  可愛くて可愛くて虫をあげたいですが、我慢です。

ここで熟睡しましたので、ビニールテントには入れずに私は眠りましたが、朝にはつい立に戻っていました。

10 件のコメント:

  1. お転婆様

    めちゃくちゃ期待されてますね。カエル達が冬眠してしまった今は餌くれアピールは金魚だけです。
    あげてもあげてもバシャバシャ凄いです。水温は10℃位なんですが。

    アマガエルはこんなになつくものなんですね。
    カエルがなつくなんてあまり知られてなさそうなのでもっと世の中に知って欲しいです。
    あれだけキャラやグッズや本なんかに出てくるんですから。

    つい最近カエルの餌確保用に飼っていたヒナバッタが死んでしまいました。もう冬眠に入ってしまい不要にはなっていましたが、氷点下の屋外はきついだろうとそのままにしておきましたが、長生きしたのはちょっと皮肉でした。

    オンブバッタはまだ生きています。

    緊急用とは言えバッタを餌にするのはあまり気がすすまないのですが、他の虫ならいいのかと言うとこれは完全に人間のエゴですね。

    返信削除
    返信
    1. スクワイヤー様

      期待されジッと見られるのは、嬉しくもあり辛くもなります。

      金魚が10℃でも餌を食べるとは驚きました。我が家は20℃に保温していますので良く食べますが、保温しなくても大丈夫そうですね。

      アリは、変態直後から部屋で虫を食べさせ、手に乗せていますので懐いています。それに懐く性格だったようです。同じように変態直後から育てても懐かずに野生に戻した仔の方が多いですから、全てのアマガエルがこのように懐くかは疑問です。
      しかし、初め懐かないアマガエルも、長く飼育すれば懐くようになるかも知れません。
      ナツは、初めは私の側に良く来ましたが、最近は来なくなりました。成長とともに変化もあるようです。

      ホントに沢山のキャラやグッズがありますね。
      やはり良く懐き可愛いからと思います。アマガエルの魅力を皆さんにお伝えしたいです。

      カエルの餌用にイエコやレッドローチを飼っていますが、だんだんと情が移り困ります。不要になったバッタを見離せないお気持ち分ります。
      以前はハエやアオムシは仇のように扱っていましたが、飼育して世話をしていると情が移り、困りました。アマガエルが草食なら良いと思いますが、それでは人間の害虫になりますから、それも困ります。
      人間は最高にエゴな生き物です。

      そう言えば今年はオンブバッタは見ないです。今年は早くに寒くなった気がします。

      削除
  2. あまがえる大好き2016年12月19日 11:44

    お転婆様

    エサのおねだりはガン見が主なのでしょうか。

    夕方から夜、シズカがすでに起きていて目が合うと、招き猫が何か物ををつかみそうな、そんな仕草を2、3回続けてすることが時々あります。「早くごはんちょうだい、もうずっーと待っているんだよ」と言われているような気がして、大急ぎでエサを入れると、やはりその日は食欲旺盛です。

    かわいさ余って擬人化しすぎ…と思いつつ、一生懸命、気持ちを表現しているように思えてなりません。

    我が家はとても放し飼いには出来ませんが、食べたくなったらエサ場に来る、というのはいいですね。

    返信削除
    返信
    1. あまがえる大好き様

      おねだりはガン見が主で、欲しい気持ちが強い時はより私の近くの床からガン見です。ハエを床に落として与えていたため、「落として」と言っているのでしょう。
      最近はハエを切らしていて、イエコが主になっているので、タッパーに入れて自分で中に入って食べるようにしています。一日分食べ終わってもまだ欲しいと、空のタッパーに上ってガン見です。態度で欲しい程度が分るようになってきました。

      >招き猫が何か物ををつかみそうな、そんな仕草を2、3回続けてすることが時々あります。・・・
      この動作します。しかし、目が合ってしたかは記憶にありません。犬にオテをさせるように前に指を出すとする時があるので、時々して遊びました。また、虫を見つけた時にした記憶があります。
      もしかしたら、「もう、早く虫ちょうだい。」と言う気持ちが無意識のうちに出てしまうのかも知れません。
      今後注意して観察して見ます。ありがとうございます。

      私もアマガエルが可愛いので過剰評価しているかも知れませんが、気持ちを伝えようとしていると思います。

      放し飼いは自由と危険と背中合わせです。
      今のところ部屋から出て行きませんが、犬や猫とは違いますから、突然に野生に戻り何処かに行く可能性があります。
      放し飼いは良くないと思っていますが、食後に二匹で部屋を散歩して気に入った場所が見つかると、そこで満足そうにしている姿を見たり、昨年のカッコは放し飼い出来たので、「まあ、大丈夫だろう。」と思ってしまうのです。

      食べたくない日は、ケースやつい立から出て来ないので、与えません。お腹具合は分って良いと思います。 

      毎日、自由を尊重した放し飼いか、命を守るために閉鎖かと、悩んではいます。

      削除
  3. あまがえる大好き2016年12月20日 7:49

    お転婆様

    ご返信ありがとうございます。

    手を出す動き、よく見られる動きなら、カエルにとって何か意味があるのでしょうね。
    シズカがするのは食事時だけなので、エサに関係あると思いこんでいました。

    お転婆様宅は、アマガエルの居住環境にあるのですから、外に出ることさえ出来れば「最悪」はないのですから、それほど心配しなくてもいいのではないでしょうか。行方不明イコール、アウト…と思われる我が家などでは、フタをしっかりせざるを得ません。「それなら飼うな」と言われたら反論出来ないと思いつつ、「だってかわいいんだモン」となってしまう私です。

    返信削除
    返信
    1. あまがえる大好き様

      何か意味があると思います。
      人もイライラしたりすると、無意識にしてしまう動作があるように、アマガエルもあるのではないでしょうか。
      興味深いですね。観察して見ます。

      放し飼いは、車などの交通量の多い都会では、厳しいですね。
      私の家の場合は外に出れば望みは持てますが、この寒い季節は厳しいと思います。

      今年飼育していたカッコをデッキに放しましたが、約2ヶ月で行方不明となりました。カッコは飼育前に野生状態でデッキで暮らしていたし、田んぼにも2回も行き帰って来たので大丈夫と思っていました。カッコの生死は不明ですが、飼育していたために危険を回避する能力が低下した可能性があるとすれば、私の責任です。
      飼育するなら、まず命を優先して、最後まで責任を持つべきと考えます。
      蓋をしっかりして飼うべきなのです。

      私は、上辺だけの、その時だけの愛情なのです。考え直さなければと思っています。

      もう一点重要なのは、あまがえる大好きさんに教えていただいた「アマガエルとは」だと思います。

      削除
  4. あまがえる大好き2016年12月20日 22:59

    お転婆様

    「アマガエルとは」などと言ったことさえ覚えていないのですが、メチャクチャ生意気で恥ずかしい事を言ったのではないか、とちょっと恐れています。

    愛情の形って様々だと思います。
    自然下でも飼育下でも、事故の全てを防ぐ事は出来ないですし。
    アリちゃん、ナッちゃん、カッコちゃん、みんな幸せそうなカオに見えていますよ!

    返信削除
    返信
    1. あまがえる大好き様

      皆さまからコメントで多くの事を教えていただき、メモもするようにしていますが、忘れてしまう事が多くあります。
      しかし、メモはしてなくてもこの「あまがえるとは」は忘れずに脳に刻み込まれました。

      猛獣を飼っていて安心していたら襲われた悲惨なケースは多々あります。動物の本能は決して変える事はできないし、考えている事は分らないと思います。今は、アリもナツも部屋から出ずに私に懐いていますが、突然に変わる可能性はあります。

      放し飼いも「広い所で遊んだら楽しいだろう。」と勝手に思ってしていますが、本当にそうなのでしょうか。動けば危険なアマガエルは安全な所でジッとしている事が一番かもしれません。
      アマガエルも動物ですから人との共通点はありますが、人とは全く違います。
      常に「アマガエルとは」を忘れてはいけないと考えます。

      またアマガエルは学習能力や脱走能力に優れていますが、突然に動けなくなってしまう事があるように思います。
      能力も高ければ返って野生に戻れなくなる個体もいるのではないかとも考えます。
      アマガエルの優れた点ばかり目につきますが、人間の目から見ると、低い能力もあります。まだまだ分らない事ばかりです。
      過信せずに「アマガエルとは」を忘れずに付き合わなければならないと思っています。

      >自然下でも飼育下でも、事故の全てを防ぐ事は出来ない・・
      そうなんです。人間も100%命を優先するなら、外に出る事も何も行動はできません。
      人はそのリスクの程度を選択できますが、飼育のアマガエルは飼い主の考えになります。

      本当に悩みます。

      削除
  5. あまがえる大好き2016年12月21日 17:07

    お転婆様

    真剣に考え、悩み、やってみる。そんなところがお転婆様の素晴らしさだと常日頃思っています。
    その結果が、このブログの充実だと思っています。
    公開するのは勇気のいること、とても感謝しています。
    今後の飼育がどうなろうと応援しています!!

    返信削除
    返信
    1. あまがえる大好き様

      アマガエルを飼育して楽しみこのブログを書ける事は、コメントを下さる皆様のご協力によりできています。
      こちらこそとても感謝しています。

      ブログ公開の手順はとても簡単ですが、内容は注意しなければならないと思っています。
      ブログはヤラセやウソは書いていませんが、言葉不足や表現の仕方で間違えてお伝えしてしまう事があります。

      たとえば、私は日中放し飼いにしていますが、これはアリとナツのみできると判断し行っています。ほとんどのアマガエルや準備なしでは危険です。二匹の行動も注意して危ないと思う時は閉鎖し、行方不明時の捜索法も考えています。
      飼育ケースも独自の物を使用していますが、これは経験が浅いので問題があるかも知れません。
      私の飼育方法が適切と真似をされた方が、失敗をするのではないかと不安です。
      野生のオタマジャクシに餌を与えた行為も問題で、公開はするべきでなかったと悩みます。
      公開は素直な子供さんも見て下さいますから、責任重大です。

      今年ミカを外で冬眠させた事は、実験的な事でしたので隠しておきたいと思いました。アリとナツの放し飼いも危険で良くないと思っていますので、公開するか迷いましたが
      失敗すればウソを書かなくてはならなくなります。
      それは、更に後悔する事になると思い公開しています。

      >今後の飼育がどうなろうと応援しています!!
      ありがとうございます。
      人には、クオリティーライフと言う言葉があります。
      アリ、ナツ、ミカは、アマガエルとしてのクオリティーライフを考え、長生きもできるように努力したいと思います。
      また、どんな事でも結構ですのでご意見をいただけると、とても参考になり嬉しいです。
      賛同はもちろん嬉しいですが、反対意見は更に歓迎いたしますので、よろしくお願いします。

      削除