2018年6月30日土曜日

場所は譲れない

前回の続き
27日にメスに会えたのに結婚できなかったオスのミドリ

 次の日の夜も一匹で鳴いていましたが、元気はなく少し鳴いただけで帰ってしまいました。鳴いている場所は昨夜メスに会えた所です。↓


 昨夜(29日)もミドリは早くから一匹で鳴いていましたが、途中からこのミニ田んぼでは最初からいるボス的存在のリボンがやって来ました。
リボンもこの場所を縄張りとしています。↓
 
リボンは体も大きく鳴き声も低く大きいですから年齢はミドリより上で、ここでは合唱の指揮者兼第一の歌手でリードをしている事が多いです。
      リボンは大きいです。↓ 

さあ、どうするミドリ  
 
ボスのリボンはこの場所は譲りませんから、威嚇して「グーグー」と低い声で鳴きます。
でも、前にメスに会えた場所なのでミドリも譲れません。時々威嚇されながらもこの場所は譲らず鳴いていました。

 少しは威嚇し合いましたが暴力的にはならず、まあまあ仲良く鳴いていました。

ミドリも少し威嚇して鳴きました。27日のメスには全く威嚇しませんでしたから、やはりメスと分っていたのではないでしょうか。
大きなオスの近くには小さなオスが来る事が良くあります。近くに来ても鳴かなければ大きなオスは威嚇せずに気にしない事が多いですが、嫌がって威嚇する場合も経験しました。

2 件のコメント:

  1. お転婆様
    やっぱりアマガエルは紳士なんですねー
    そして、意地もある(^^)
    去年連れて帰ったアマガエルが、ケースに入れてすぐに鳴き始めました。それでオスと分かったんですが、、
    鳴き始めてすぐの事、気づいたらメスのアマちゃんの背中に乗ってました。
    一晩そのままの状態でいましたが、産卵にはいたりませんでした。
    環境が変わると積極的になる?アマちゃんの魅力が凄かった??
    なーんて事を思い出して妄想してました(^^)

    返信削除
    返信
    1. ライダーマンスィンゴ様

      アマガエルは紳士・淑女なんです。
      そうです。意地もプライドもあります。他の種のカエルのように、メスの横どりなんてしません。

      >連れて帰ったアマガエルが、ケースに入れてすぐに鳴き始め・・・
      ちょっと焦っちゃったかな。ケースに入れられたので、メスのアマちゃんにプロポーズされたと勘違いしたのかも知れませんね。

      私は、廃校になったプールで多くのアマガエルたちの求愛行動を見ましたが、オスがオスに抱きついて放さないのは見ました。またカップルになっているの産卵せず、次の日には離れているケースもありました。
      アマガエルは紳士と言えども、勘違いしたり中には外れた行動をしてしまう個体もあるのでしょう。
      人も同じです。

      とにかく、アマガエルの求愛は可愛いです。

      削除